2010年07月25日

STRペナルティ、その性質と問題

ほんとは時流に乗って計算式と表をずらっと並べて
あーだこーだ書いていこうかなーと思ったんですけど・・・やめました。

存在と検証式はあちこちで書かれてるんでぐぐって戴くとして
ここでは「式を見たけどよくわからん」人向けに大雑把な性質を解説します

・ATKが高い武器は要求STRも高い
・計算式の最初にかかる
特筆すべきはこの2点

また、STRペナルティって聞いて浮かぶ主な疑問は
「STR足りないとどのくらい減るの?」
「同スロット数の高ATK武器を低ATK武器が上回るケースってあるの?」
ってとこだと思います
結論から言えば

・武器ATKによる。
(1ランク程度なら無視できる物もある)
・同スロットなら基本ATKが高い方が常に強い。
(ペナルティは最大で武器ATKの67%)

Ex1.ルナカリゴ ATK110(要80)はSTR70でも 4しかペナルティを受けない
   ソードメイスATK130(要80)はSTR70だと18 も ペナルティを受ける

Ex2.チェイン ATK 84(要70)はSTR1だと-56つまりATK28
   ルナカリゴATK110(要80)はSTR1だと-73つまりATK37

つまりフライパンは相変わらず最強ってこった!

−−−−

今後問題になってくるだろう点は「%特化とATK+の比較例」で
・+10QHナイフが+7THグラディウスを上回るケース
・アンドレ*3が20%特化*3を上回るケース
両方存在します。(実数値的には誤差レベルです)

STRが足りなければ足りないほど逆転し易いので
武器による攻撃を行う職はSTR70(補正込み)くらい確保しとくといいでしょう。
また素手はSTRによるボーナス・ペナルティを両方無視します。
\テコン/\蹴拳聖(素手型)/

ああ、SpPは計算式違うから重いので撃ってね。めらんこりください。

posted by 絢織 某 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/157609466
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。